2007年06月04日

若白髪 原因と改善

若白髪が増えている

ある調査で、小学生1万人に3〜4人の割合で白髪があるという結果が出たそうです。
遺伝的な要素もあるらしいですが、最近では、若白髪に悩む人が増えているようで、一概に遺伝体質ということだけではないらしいと考えられています。

若い時から白髪目立つという場合、まずは食べ物を見直してみる必要がありそうです。
バランスのとれた食事が摂れていなかったり、食品添加物が多く含まれる食品を頻繁に食べていたりしていませんか?

または、過度なストレス睡眠不足栄養が行き渡らない原因になっていることも。

メラノサイト」という「メラニン」を作る工場が黒髪にあります。
そのメラノサイトが何かの原因黒い色素を分泌できなくなると、白髪になってしまいます。

メラノサイトがうまく働かない要因として、以下の3つが考えられます。

カルシウムの不足…メラノサイトを活性化させるための潤滑油の不足
銅 の不足…チロシン黒くする酵素に必要な銅 の不足
ストレス…「ホルモン」の分泌量が減ることにより、メラノサイトが活性化しにくくなる

10歳の女性のカルシウム銅 の所要量

カルシウム…700?r
銅 …1.4?r

栄養成分が十分補充されると、白髪黒髪蘇る可能性もあるそうです。カルシウム銅 のほかにも、ビタミンミネラルなどもバランスよく摂りましょう。

白髪を見つけたからと言って、抜いたりするのはいけません。
抜いた時の衝撃で毛根が傷つき、その箇所にが生えてこなくなることもあるからです。

若白髪 病気の場合

若白髪が、疾患の兆候として見られる場合もあります。

遺伝性の疾患
  ウェルナー症候群(早老症候群)

内分泌疾患
  甲状腺(せん)機能高進症アジソン病

悪性貧血(ビタミンB12欠乏症)

ネフローゼ症候群かいよう性大腸炎吸収不良症候群による慢性の栄養障害

男性ホルモン減少

これらの基礎疾患による若白髪はその治療経過によっては、改善がみられることもあります。

また、尋常性白斑白なまず)による白髪の場合は、光線療法などが有効な場合があります。

スポンサードリンク


白髪の原因・予防・ 対策・改善・白髪 染め・シャンプー選び・陰毛の白髪の情報ブログ TOPへ

■参照先
ケンコーコム
【関連する記事】
posted by hakuhaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 若白髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。