2007年04月30日

白髪ぼかしという選択

白髪ぼかしという選択



アンチエイジングの方法

増えてきた白髪気になるけど、まさかこの歳で”真っ黒”にはしたくないし、
かと言って、赤みや黄みがかったにも染めたくない。

でも、このままほおっておくのも・・・。

そんな方に、白髪ぼかしという選択があります。

つまり、真っ黒や赤っちゃけた染めるのではなく、
染めたことに気づかれず、でも、白髪目立たなくなるような染髪

それが、白髪ぼかしです。

多くの白髪染めのように、退色してくると赤みが気になったり、
新しく生えてきた部分と染めた部分の境が目立ちません。

この白髪ぼかし理容室美容院でもやってくれるところがありますよ。
お近くのサロンに問い合わせしてみては?

また、クリームタイプへナなどでも、白髪ぼかしの 商品を扱っているので、自宅でもできます。

白髪ぼかしは、おしゃれなシニアを目指すあなたにピッタリですね!

スポンサードリンク


白髪の原因・予防・ 対策・改善・白髪 染め・シャンプー選び・陰毛の白髪の情報ブログ TOPへ

posted by hakuhaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

白髪を染めないという選択

アンチエイジングの方法

白髪になったら、どうするか?

50代になって少し立つ女性が、こんなトピックを立てたサイトを見つけました。

それに対し、いろいろな人がそれぞれの見解を書き込んでいます。

「やっぱり、歳を取ったからといっても、白髪のままだと清潔感がない。
手間はかかるが、染めたほうがいい」

白髪のままでも素敵な人は沢山いる。ただ、まめに美容院にいっての手入れをするとか、
ファッションもそれなりに気をつけなければ、素敵な銀髪を保てません」

メッシュ色を抜いて、グラデーションのようにキレイに仕上げています」

など、いろいろ。

50代または、60代になったら、少しづつ染めない方向にしようかと思っているという人も多いようです。

有名人でも、アンチ・ヘアカラーの人はいますよね?

大宅映子さん、島田順子さん、シューズデザイナーのキサさんなど・・・。

でも、私が思うには、こういう方たちって生き方そのものが素晴らしいじゃないですか。

そういう自信とか、オーラとか、エネルギーが、白髪を活かしたをよりいっそう素敵なものにしてるんだと思います。

彼女達のように、白いものが見え始めたら老けたとあきらめるよりは、
生きてきたキャリアを堂々と見せるスタイルは、うらやましいばかりです。

増えてきた白髪を活かし、手間を惜しまず、素敵な銀髪ライフを楽しむか、
白髪を染めて、若さを保つのかは、あなたの選択です。

■参照元 YIMIURI ONLINE

スポンサードリンク


白髪の原因・予防・ 対策・改善・白髪 染め・シャンプー選び・陰毛の白髪の情報ブログ TOPへ

posted by hakuhaku at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。